2016年08月15日

平和の尊さ


新聞記事で戦争体験者、女性が見た話、第二次世界大戦のとき 空襲で方々から火の手が上がり逃げた、前の方に女性が赤ん坊を背負い走って逃げて行く姿を見た。
彼女も方向が分からないので、赤ん坊を背負った、女性の方向に走り追いつくと、おぶってる赤ん坊の首から上が無い、母親はその事に気が付かず必死に走り逃げていた。
彼女もその事を母親に告げず、逃げたそうだが、母親が安全な所まで逃げ、赤ん坊を背から下し、首が無い赤ん坊の姿を見たらどのように悲しむかを考えると、胸が詰まる思いでしたと話す、これが戦争の悲劇です。

日本も戦後71年経過しました。日本人300万人が第二次世界大戦で亡くなっていると言われています。日本人はよく平和ボケし緊張感が無いと言われます。
敗戦でアメリカの同盟国に入り、日米安保条約で米国の傘の下で、平和が維持され、素晴らしい経済成長をした、国民総生産GDPが世界3位に 国民生活は大幅に上昇し世界のトップクラスになりました。
戦争は双方の国が(殺人・物の破壊)を繰り返し、人間を不幸にしている。世界を2分にした大戦争はないが、地域を限定した戦争があり、不幸にも多くの難民を出している。
21世紀、この様な局地戦争が常にどこかで繰り返し行われる可能性があり、いつも多くの弱い人が犠牲になっている。
posted by Fukunisi at 11:08| Comment(0) | 思うこと

2016年08月12日

中国漁船、ギリシャ船と衝突 日本側漁船員6名救助 8名捜索中

尖閣諸島沖の公海で 中国漁船とギリシャ船籍の貨物船が衝突 海上保安庁の巡視船が受信、海に漂流していた6人を救助 8人が行方不明
外務省は在日大使館に連絡、中国側からは感謝の言葉あり。日中で8名を探している。
最近中国は尖閣諸島の接続水域に中国の公船が入る事が多い、事故を起こした当日も9隻がいたが水域外に一時出たが再び2隻が入った。
行方不明者の捜査を協力し行っているのに、何か釈然としないものが有る。日本人の常識から考えれば捜査に協力し救助するのは当たり前であるが、逆の立場で有ればどのような事になったか考えさせられる。経済大国中国、世界のリーダーとして模範となるべき姿を期待したい。

posted by Fukunisi at 10:14| Comment(0) | 思うこと

中国漁船、ギリシャ船と衝突 日本側漁船員6名救助 8名捜索中

尖閣諸島沖の公海で 中国漁船とギリシャ船籍の貨物船が衝突 海上保安庁の巡視船が受信、海に漂流していた6人を救助 8人が行方不明
外務省は在日大使館に連絡、中国側からは感謝の言葉あり。日中で8名を探している。
最近中国は尖閣諸島の接続水域に中国の公船が入る事が多い、事故を起こした当日も9隻がいたが水域外に一時出たが再び2隻が入った。
行方不明者の捜査を協力し行っているのに、何か釈然としないものが有る。日本人の常識から考えれば捜査に協力し救助するのは当たり前であるが、逆の立場で有ればどのような事になったか考えさせられる。経済大国中国、世界のリーダーとして模範となるべき姿を期待したい。

posted by Fukunisi at 10:13| Comment(0) | 思うこと

2016年08月10日

凄い、バーニー・サンダース氏

アメリカ大統領選は 民主党 クリントン氏 共和党トランプ氏の戦いになった。
米上院議員 バーニー・サンダース氏はクリントン氏と民主党代表選挙で戦ったが惜しくも敗れた。
彼が日本の新聞に論文を載せている。中で『世界の経済エリートが築き、維持してきたグローバル化の進む経済は、世界中で人々を失望させている。信じられないことに、この地球上で最も裕福な62人が、世界の人口の半分の下層の人たちである約36億人の合計と同じくらいの富を所有している。上位1%の所有する富は、ほかの99%の人たちの合計よりも多い。大金持ちは想像を絶する贅沢を味わっている』このような発表をしてる。

ほんの一部であるがこのような事を調べて、クリント氏と戦ったのではないかと思う。
今、アメリカ国民の多くがこのような事を本当に理解しているか、このような矛盾少しでも直す必要があると判断したと彼は思う。

彼の政治的考え方は素晴らしいと思う、地球上で生命を与えられ、少なくとも人類は平等に扱われなければ、ならないのにこの様な矛盾が起きている、この様な事を少しでも直し、多くの人が『悲惨な貧困・失業・不十分な医療・教育・住宅・飲み水』等に耐えている。この様事を直すのが本来の政治家ではないかと思う。社会の弱い所を直視し弱い人の味方になる政治家が必要な時代ではないかと思います。


posted by Fukunisi at 09:06| Comment(0) | 思うこと

2016年08月09日

ミヤンマー ヤンゴン 家賃

ミヤンマーにイオンが進出、国内の大型物販店は多くでき過当競争になり、収益が思うように上がらないのが現状である。
軍事政権から政権が民政に移管したのを切つ掛けに、今後安定的な経済成長すると予測される事で踏み切った。国民は親日家で知られ、仏教国であるから国民性は穏やかである。
東南アジアでニュースになる、日系企業が暴徒により襲われるような事はないと思う。
今後、多くの企業も進出を予定してるが、何せ給料が安い、若い人1名、1万円も払えば充分と聞く、国民の購買力はまだ弱いので難しい所がある。
ヤンゴン目抜き通りは、家賃がバブルで、何か日本の飲食店が店を出そうとし家賃を調べると日本と余り変わらないとビックリする人が多い。家賃が高く販売する物は安いので経営的には難しい面がある。しかし最近家賃は少し下がり始めたと聞きます。

いずれにしても、家賃の高騰は外国企業が進出したため需要が供給を上回ったために
起きた一時的な現象と考える。

posted by Fukunisi at 13:20| Comment(0) | 思うこと