2017年04月10日

膨張する国防費 膨らむ

東京は日差しが強くなり春らしくなりました。
トランプ大統領は国防費を10%増額しました。海軍の空母を11隻から12隻に増やすと公言、理由は中国の海洋進出に対抗して
一方、中国も17兆円の国防予算を確保、空母を作り、東アジアで海洋進出を加速させますね、これからは<尖閣諸島・南沙諸島
人口島 軍事基地>等で色々問題が発生する。アメリカが中国に圧力をかけても中国は引かないでしょう。
中国の経済成長率6.5%と一時の勢いはなくなりました。人口14億人の経済成長率ですから潜在需要は凄い物が有ります。
posted by Fukunisi at 20:36| Comment(0) | 思うこと

2017年04月06日

挑発する北朝鮮はミサイル発射

挑発する北朝鮮はミサイル発射
米国・中国 首脳会談がアメリカで行われるが、それに合わせるように北朝鮮はミサイルを日本海に向けて発射した。
今回、トランプ大統領が中国 習近平国家主席に北朝鮮問題を話す、オバマ大統領の経済政策が間違っていたと話している。今回、中国が北朝鮮問題を解決するために動かなければ、米国が単独でも動くと報じられている。
テーブルの上には問題解決の選択肢が幾つもあると表明している。武力でも押さえつけるのか、不明であるが、もし武力で抑える様な事が有れば、朝鮮戦争がまた起こる事態である。
<北朝鮮・韓国・日本・米国>等の国の多くの人々は武力衝突を望んでいないと思う。
対話で問題を解決する方法を選ぶ事が必要、米国の閣僚は時間を掛け色々な方策を行ってきたがこれ以上は無理と話している。

中国も過去には北朝鮮に 国連決議を順守するよう指導しる、胡錦涛国家主席がピョンヤンを訪れ首脳会談を行ってきたが、胡錦涛国家主席が最後でその後中国の首脳は訪れていない。

中国も北朝鮮問題には手をやいているのが現実ではないのか、トランプ大統領も習近平国家主席との会談で、今後どの様にするか方向を見出すのではないかと思う。
何れにしても平和的な解決を多くの人は望んでいる。
posted by Fukunisi at 09:46| Comment(0) | 思うこと

2017年04月05日

森友学園、国有財産払下げの真実は

安倍安定政権は森友学園問題で野党の集中砲火を浴びている。国有財産の土地が短期間で8億も安くなり、販売された。聞けば聞くほど不思議な話で有る。
普通の人、国有地が欲しいからと財務省に話したら短期間に手に入るものではない。
財務省も経緯を発表したが 議事録がないと話している、土地にゴミが混ざっているので簡単に8億円からの値引きを財務省が簡単に行い販売するものか?
非常に疑問が残る、野党は裏で政治家が動いて財務省に口利きをしたのではないかと話すが、そのような事実はないと話す。議事録もないと話す、森友学園の籠池理事長の証人喚問が行われたように
多くの国民は疑問を解くために 野党は安倍総理夫人を両議院で証人喚問する必要が有ると言う。総理夫人は中々の雄弁者であるから証人喚問に出席し事実を話した方が良いと思う。
 
仮に、安倍総理から100万円の寄付を頂いたと籠池理事長は話すが、寄付することは何も隠す必要もない。安倍総理、寄付をしたと堂々と国会で話せば良い。

籠池理事長も補助金を不正に受け取り、見つかったから返す。金額の違う契約書を3通持ち関係機関に出している。
土地の値引き幅が余りにも多きいので理事長本人が 神風が吹いたとビックリしている。
<総理夫人・財務省>が本当の事を話す事が必要である。与党は早く幕を引きしたいために逃げている。このような状況を打破し国会運営が早く正常に戻る事を期待します。

posted by Fukunisi at 15:16| Comment(0) | 思うこと

苦しい 韓国ロッテ

北朝鮮の<ミサイル開発・核実験>等対抗するため韓国のロッテが配備先を系列のゴルフ場にした。米国の高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD)の配備で韓国ロッテは予想もしなかつた事がおきた。
中国に有る112店舗の内75店舗が<施設法・消防法>に違反したと、営業停止処分を受けている。期限は1カ月としているが、それで終わりそうもない。営業している店でも中国人のグループが抗議活動しているため営業できないのが現実である。
THAAD配備により中国は自己領土を相当なエリアが高性能レーダーで監視されるため強く反発した。
ロッテは中国に投資や事業を拡大する考えを中国に示し、中国からの撤退を拒否した。
ロッテ、辛会長は昨年グループ企業の不正が見つかり<横領、背任>等で在宅起訴された。
後、身内の2名も在宅起訴されている。想像できない不運が重なった。
尖閣諸島問題でも日本の現地法人が被害を受けた事はまだ記憶に新しい。政治が直ぐに反応する独特の文化が有る。

posted by Fukunisi at 14:16| Comment(0) | 思うこと

2017年04月03日

米国で急成長する大麻宅配

アメリカワシントンでジュースを宅配する<ハイ・スピード>ジュースに大麻を入れた物をネットで注文を受け、翌日、自宅や希望の場所に届ける。宅配ビジネスが急成中、一日多いときで40件以上の注文が入る。主な得意先は<医師・弁護士・政治家>等で富裕層が多い。日本では考えられないビジネスが有る、日本でこの様な事を行えば直ぐに警察に逮捕される。
トランプ大統領は再び偉大なアメリカを作ると公言しているが、この様な事でアメリカが偉大な国になるとは考えられない。人間として足元の基本的な所から国を直さないと幾ら強いリーダーシップを発揮しても、上滑りし国が強くならない。

ワシントンでは2014年大麻の使用が住民投票で合法化され、売買は禁止、譲渡は認められている。マサチューセッツ州は娯楽用大麻の使用は昨年住民投票で認められている。
現在DC、意外に8州が認められアメリカの人口の2割が合法化された地域に住んでいる。

1840年イギリスは<中国 、清>の間で貿易の大幅な赤字となり、是正するためにインドのアヘンを清に大量に輸出した。そのため清の高官が怒りアヘンを大量に捨てたためイギリスと戦争になった。中国では過去にこの様な事が有り、アヘンの常習者が増え、国が荒廃した。歴史的経緯が有るので、大麻等の法的規制は厳しい。
多くの国から見て正論は、大麻等の規制は厳しいのが当然と思う。医療のために使用するのは許されるが、病人でもない健常者が快楽のために大麻を使用する事は絶対に避けるべきである。法律で規制するのが当然である。アメリカは何処か歯車が狂っているのか?
posted by Fukunisi at 18:10| Comment(0) | 思うこと