2018年05月30日

関東学生アメフツト連盟の裁定

関東学生アメフツト連盟の裁定が下った、<内田監督 除名、井上コーチ 除名、森ヘットコーチ 資格剥奪> 大方のマスコミの予想で有った。連盟の説明をTVで見てると非常に多くの方が聞いて納得の行く説明であるった。しかし日大の対応は遅い、何故早く対応しないのか、この様な不祥事に学校の組織が慣れているのか、この位の事で大騒ぎする世論をがおかしいと思ってるのか?日大と言えば日本一のマンモス大学で、卒業生には、<優秀で立派な社会人>が沢山います。
スポーツの基本的な事を守らなければならないのに、(監督・コーチ)が率先して暴力行為に近い事を選手に強要している。記者会見での発言は虚偽が多く極めて信頼性に欠けるもので有った。
反則を犯した選手は真実を正確に話た、反則行為を行った選手の話を聞いてると、何か胸が熱くなるものがあった。今まで青春を打ち込んで真面目に練習をしてきた行為を(監督・コーチ)によって利用され壊されたしかし連盟の査定は<選手・チーム>の将来を考えた、非常に良い判断であると思います。
(野球・相撲・サッカー)ほどのなスポーツではないが、これを機会に健全なスポーツとして若い人に<勇気・希望 >を与えられるように更なる健全な発展を願っています。
posted by Fukunisi at 13:57| Comment(0) | 思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: