2019年04月10日

混迷するEU離脱の陰では

英国のハルは英国でも有数の漁獲高を上げる港町であつた。しかしEUの漁業規制は、魚の種類で規制してるため 1969年22万トン国内首位であつたが、99年には9,500トンと激減し今は上位20港にも入らない、年間統計にも入らない程落ち込んだ。理由はスペイン、ポルトガルの大型の漁船がきて大量に魚を取るためである。
地元経済は非常に苦しい状態がである。2016年国民投票ではEU離脱の支持率は高く68%であつた。
EU離脱をすれば自分たちで漁場を管理し、他国の漁船を操業させなければ、数年先には魚が増え漁獲量が戻ると考えてるようである。
日系の自動車会社の工場は多くの労働者を雇用してるが、工場での生産ラインの見直し等を考えてるので、地元の労働者の雇用の問題が発生してくる。
英国のEU離脱交渉は非常に混迷してる。国民の多数は国民投票でまさか賛成票が多くなるとは思わなかったと驚いてる。現在、加入してるために、色々な弊害が出てるのは多くの国民は理解してる、若い人達は離脱反対者が多く、彼らの意見は、此れからは、若い人が国を動かすのだから若い人の意見を尊重して貰いたいと述べる人が多くいる。
posted by Fukunisi at 10:18| Comment(0) | 思うこと

2019年04月09日

日産ゴーン氏の暴走 責任は役員全員に

ゴーン、前日産自動車会長は、レバノンに会社の金を還流させるために、40社のペーパーカンパニーを持っていた。夫人が代表を務める会社に資金を蓄えていたようだ、またニューヨークにも子供が経営してる投資会社がある、個人的に会社の金を流用していたようである。臨時株主総会で取締役を解任されたようであるが、日産の経営陣は、大きな金額を個人的に流用していた事に気が付かず、ゴーン会長の暴走を許したのは、会長が一番悪いが、他の役員も暴走を許した責任が有るのではないか?、
株主で有れば当然役員を責めるはず、多額の資金を個人的に流用した事を何故長期間放置したのか、幾ら権力が集中したと言え不正が分かってるはず。日産の(新車・中古車)の販売が減少してるとTVで見た。ゴーン氏の影響で社会に悪いイメージを与えた、一時的な現象なのか、若しくは数年この現象が続くのか、社員にしてみれば、経営陣の失態にで、業績の低下が予想され、夏のボーナス等に影響が出るのは困ると思う。
posted by Fukunisi at 11:28| Comment(0) | 思うこと