2015年05月26日

訪中団3千人二階総務会長さすが・・・

自民党 二階総務会長は韓国に続き、約3,000人の訪中団を率いて北京を訪れる。
人民大会堂で歓迎の夕食会が開かれた、習近平国家主席日本側が考える想定を超える
形で歓迎してくれた。
尖閣問題から冷えた日中関係を少しでも戻したい、安部政権で影響力の有る実力者ニ階総務会長を通じ、安部政権に中国側の立場を理解してもらう意図が感じられる。
夕食会に先立ち二階総務会長と習近平国家主席と会談し安部総理大臣の親書を手渡した。
今回、歓迎したのは民間人で政治とは切り離して考えている。

9月3日、抗日戦争勝利70年の節目での天安門広場で軍事パレードがある。今の日本側に向けてやるものではないと習近平国家主席が安部総理に伝え、総理もそうですかと応じた用である。しかし今まで日本の政治家が民間人3千人を連れて中国を訪れた事はないと思う、二階総務会長、さすがに凄い自民党の実力者
posted by Fukunisi at 14:35| Comment(0) | 思うこと

2015年05月19日

個人が株価操作

株価を個人が操る 2010年米国の株価が急落した、株価を操作した疑いで英国人が逮捕され、自宅で取引をしネットでうその注文を大量にだし、すぐに取消す方法で、他の投資家をだまし不正に利益を上げていた。
約2億ドルの大口売りの注文を出した事が直接の原因となり株式市場が混乱し下げ幅は一時1,000ドル暴落した。
大規模な市場を個人の投資家が操作することができる、大きく値が動くと捜査当局が動くが、小幅な動きで有れば見過ごされる可能性が大である。このような事が有ると、株式市場の正当性が失われる。
posted by Fukunisi at 09:17| Comment(0) | 思うこと

2015年05月18日

大阪都構想

5年前から、橋下代表・松井幹事長らが中心となり進めていた大阪都構想は 17日の選挙で 僅かな差であるが反対票が上回り大阪都構想を断念した。
現在2重行政でこれを解消し人件費等を抑えなければならない。行政サービスが落ちる事が心配される。
橋下代表・江田代表が辞任の意向を示している。橋本代表はもう政治を卒業する、江田代表は一兵卒になり出直すと話しています。
橋下代表は暫く休んだ後、また橋下流の独特の問題切り口で世の中を切って改革して貰いたいですね。
posted by Fukunisi at 11:51| Comment(0) | 思うこと

2015年05月16日

中国の4月 輸出は前年比 6%減


4月の貿易統計は輸出21.2兆円、輸入が17.1兆円となり前年を割った。
3月に続いて減った。主な貿易相手国は日本向けが13.3%減 EU向けが10.4%と大幅に減った。
金融緩和政策の影響で、円・ユーロの為替相場が下がった事が輸出に不利に働いた。

輸入は昨年11月から6ヶ月前年割れし、国内での製造業などの需要が伸び悩み
原材料の輸入額が落ち込んだ。
中国向けに輸出する資源国は深刻な影響が出る可能性がある。1〜3月の国内総生産も
GDPは成長率が7%まで減速した。世界経済に与える影響は非常に大きいのでGDP7%は是が非でも頑張って達成して下さい。
posted by Fukunisi at 10:57| Comment(0) | 思うこと

2015年05月15日

大阪都構想はどちらに

大阪都構想は・・・・
道府県、政令都市の仕事がダブル 二重行政をなくす、反対派互いに役割を調整すれば二重行政にならないと話す。
橋下代表が良く話として
南港に建物がある、『256m大阪ワールドトレードセンター(WTC)ビルは市の第三セクター1995年に完成』、当時西日本で一番高い建物、1年半後 『府のりんくうゲートタワービル(GTB)が完成』WTCより10cm高いて物で有った。

バブル経済に翻弄された建物で、バブル崩壊後経営が破綻した。このような無駄な府と市の行政があった。
政令都市の大阪市を解体し『権限と財源』を大阪府に集めれば、無駄がなくなると話す。

都構想反対派 『二重行政と過去の政策の失敗を無理やりにつなげる、すり替えだと』話し反対する。

都構想を発表した頃の、橋下代表は、凄いブームを起こし、各党の幹部が橋下代表の所に日参し国民の多くも維新の会を注目した、しかしこのブームが去り、世論調査によると都構想反対派が多く、特に女性の反対者が多い。
最近、意思表示をしてなかった、公明党が反対にこれで(自民・民主・公明・共産)が反対に回ったので橋下代表も苦しい立場にある。

有権者もブームが去ったから賛成から反対に、これも無責任な判断ではないかと思う。
本当に大阪都構想を採用したら大阪府のためになるのかで判断する必要があると思う。
posted by Fukunisi at 10:29| Comment(0) | 思うこと