2015年04月30日

中国経済先行き

中国経済減速
2015年1~3月のGDP(国内総生産)実質成長率は7.0%となりリーマンショック後6年ぶりの低水準となった。不動産業界の低迷が大きな要因となった。
14年夏から続く不動産市場の低迷で値引きしても買い控え多く。1~3月期住宅販売は前年同期比9.1%減となった。
デベロッパーは新たな開発に腰が引け新たな投資を行わなくなった。建設業界の低迷は 『鉄・セメント』等の生産に影響を与えている。個人の消費は一時期の力強さは見受けられない。

長年世界の工場と呼ばれた、工場も生産が落ちている。輸出、15年3月期は15%減となった。円ユーロの相場が下落し日本、EU向けの輸出が低迷した。4月~6月期は更に落ち込むと予想される。景気低迷は地方都市程深刻である。
地方都市も新たな産業を育成しようと色々手を打って現状を打破しようと懸命に努力しているようである。

春節で日本にきた中国人旅行者は35万人と言われているが富裕層は爆買いをしている。
デパートは消費税の導入で落ち込んだ売上をカバーしているのは、中国人富裕層である。
posted by Fukunisi at 11:19| Comment(0) | 思うこと

2015年04月28日

低金利時代・・・

中国では不動産バブルで不動産開発が方々で行われ高騰した。昨年あたりから、投資目的マンション販売はバブルが崩壊し不動産が値崩れをし始めたそのため販売できず在庫が多くなり、中国経済の負の要因となっている。

韓国政府は昨年7月景気対策の一環として不動産融資の規制を緩めた。政策金利を引き下げ1.75%なった。住宅ローンも下がり金利が低い内にお金を借り、家を買おうとする人が増えた。多くが変動金利で、元金を返さない内に借り換えるケースもある。
一時的なカンフル剤でこのような事を繰り返すと何れ経済政策に歪が生じ詰ることが予想される。

日本も不景気になると景気浮揚させるために、一環で住宅ローン金利を下げ個人が住宅を購入させやすい政策をとる。

何処の国も同じような政策を打つ。アメリカを始めとした低金利政策が、世界的に金余り現象で投資家は株を購入し、実態経済とはかけ離れた株価だけが一人歩きするため、株価の高い現象が続いている。
posted by Fukunisi at 11:02| Comment(0) | 思うこと

2015年04月26日

アジア投資銀行(AIIB)参加は

アジア投資銀行(AIIB)
中国指導のAIIBに日本が参加するか否かで議論されてる。申込期限は6月末とされている。現在、アメリカ、カナダ、日本 3カ国が参加の表明をしていない。G7は最初、積極的ではなかったが、ここにきて大方が参加することになった。

アメリカ指導で世界銀行、日本指導のアジア開発銀行、国際通貨基金等が有るが、AIIBはこれ等の金融機関と協調し活動するようである。

日本の企業は参加しこれから投資する物件をビジネスにしたい意向である。また参加してないと受注ができない可能性があり、日本が参加するとなると、約3,600億円の金が必要となる。
中国側も日本が参加する事により信用が増す、国際金融機関での運営ノウハウを日本は持っているので、運営がスムーズに行える等の長所がある。
何か世論は参加に向いているような気がする。
posted by Fukunisi at 09:59| Comment(0) | 思うこと

2015年04月23日

建築現場人材不足

最近、建築現場作業員が不足している。バブル崩壊の後、建築不況で極端に仕事が減り、多くの人が他の業界に流れた。東日本大震災で多くの作業員が東北に行ったため、都心部では作業員が不足して工賃が上昇してる。
大手ゼネコンは、優秀な作業員を囲い込むために、国家試験などに合格すると手当を割り増ししてる。
今後も首都圏では東京オリンピック開催のために(官庁・民間)らの設備投資が予想される。建築の仕事が大幅に増加する事が予想される。ただオリンピックの後は仕事が減る事が予想される。
土木の仕事はリニアー新幹線工事(品川〜名古屋)の80%はトンネルであるから、土木工事はまだ有ると思う。
posted by Fukunisi at 09:27| Comment(0) | 思うこと

2015年04月17日

外食産業は厳しい

日本に上陸して以来、飛ぶ鳥落とす勢いの マックが2015年12月期 380億円の赤字に
なると厳しい発表がされた。01年上場以来最悪の決算になる。

赤字の原因
@14年仕入先の中国の工場で賞味期限切れ鶏肉を使用が発覚
A15年1月異物混入が発覚

黒字にする対策
@190店舗不採算店を閉める
A本社社員を対象に早期退職100名を募る
B4年間で2千店の改装工事
C新しいセットメニュ-を導入
D役員報酬を6ヶ月減額

日本の外食産業は 長期に渡るデフレデ国民の間に節約志向が定着し、小子高齢化で日本の胃袋が小さくなり食べる量が少なくなった。贅沢になっていますが、何れにしても、日本の外食産業は非常に厳しい環境にある。
私の住む町20年前 駅前のマック1店で何時もお客は列をなしていました。今、駅前に2件 ロードサイドに1件有ります。お客様の入りはまばらです。
posted by Fukunisi at 16:20| Comment(0) | 思うこと