2012年05月30日

太陽光発電 買取り制度

ドイツでは太陽光発電を普及するため、太陽光で発電した電気を高めに買取る制度にした。00年度から太陽光発電の電気を電力会社が買取る制度にしているいが、費用の負担は<一般家庭>が行っている、その費用は年額平均7500円と非常高い。そのため今年4月から段階的に下げ始めた。発電した電力すべて買い取るのではなく 85〜90%買取る制度に改めた。

日本では7月からスタートする、<太陽光は42円(kW/h)消費税込み>、など自然エネ発電会社が望む価格がほぼ通った、これからは電気料金に上乗せ<家庭・企業>が負担する。家庭で発電された電気は家庭で使用し余った分だけを購入する。
自然エネルギーを電力会社が買取る価格決まった、内容は業界団体が求めていた価格が希望に沿う値段になった。

中国<サンテックパワーの日本法人>には製品の問合せが多く多く寄せられている。業界団体もまさか要求した、買取り価格が丸のみされるとは思っていなかったようである。
サンテックパワーこれで日本国内で、昨年の2倍は売れると強気である。
ソフトバンクは東日本大震災の後、大規模太陽光発電事業に参入したが、採算割れする可能性が有ったが、42円の買取価格が決まったので採算割れは、なくなったと一安心である。

買取価格42円で国内パネルメーカーの期待も大きい、首位、シャープは5割以上の減産に追い込まれてきた大規模メガソーラーの増産を見込む、第二位の京セラは太陽光発電パネル事業の拡販に結び付くので期待は大きい。
posted by Fukunisi at 13:49| Comment(0) | 思うこと

2012年05月29日

中国、金額の大きい密輸事件

中国、汚職事件

汚職事件 『アモイ事件』は 中国建国以来の最大の汚職事件、主犯格 『頼昌星被告』(53才)貿易会社元社長は『密輸・贈賄』で有罪となった。
1991年からアモイ・香港ななどに密輸組織をつくり、95年〜99年の間に『自動車・石油製品・たばこ』 等を密輸入した。
『総密輸額は3400億円・脱税額1750億円』、瀬被告は地元だけでなく中央政府の幹部とも親密な繋がりがあつたとされている。
国の幹部ら64名に『不動産・車』などに金額にして5億円相当送ったとされる。
当時、収賄側の『公安省次官・アモイ市副市長・アモイ税関長』 等 10人に死刑判決がでた。頼被告は無期懲役でした。
この事件は中央政府まで影響を与えようとしている。共産党序列4位の賈慶林氏の妻が頼被告と密接な関係が有ったとされる。妻は当時、福建省の国有貿易企業、首脳で有った。賈氏は江沢民前国家主席の引きで最高指導部に入った。
頼氏が『密輸・脱税』等を盛んに行っていた時期、賈氏は福建省のトップの党委書記であった。

日本のカメラ密輸組織が摘発された。

密輸グループは香港でカメラを分解し、部品を国際スピード便で深圳経由で本土に密輸し、撮影機材を車などに隠して国境を越えマカオなどに発送していた。
昨年、1年間余りで、密輸したカメラ関連は 『各種カメラ 6万台・カメラレンズ 1万3000個・フラッシュ 400個・ビデオカメラ 1000台・映写機 340台 』約50億円に達した。
2011年のデーターよると高画素デジタルカメラの関心が強く、 『キャノン・ライカ・ニコン・ソニー』 どの商品に人気が集中している。
東日本大震災の後カメラ機材の価格は上昇傾向にある。国内で20〜30%の上昇している。
posted by Fukunisi at 10:38| Comment(0) | 思うこと

2012年05月25日

親の面倒は

中国では30数年続いた一人子政策で、極端少子高齢化社会がくる、確りとした社会保障制度がなく親の面倒は子供に期待するしかないのが現実である。
だから子供の結婚に親が介入し物に執着する事になる。
一人子で子は親に物心両面とも依存してきた、だから子も親の意向を無視できないのが現実である。

結婚する時に新居を用意する考えなど、日本のサラリーマンでは通常考えられない事まで親は子供のために気を使う。
中国の賃貸住宅の不安定さがあると考えられる、契約期間が残っていても大家が部屋の明け渡しを平気で行える制度が中国にはあり、日本の借家は借りる側の権利が保証されているので対照的である。

改革開放で市場経済が進むと、大都市で若者の平均年収30〜40倍ぐらいの家を購入し給料から支払事は難しいので、親が長年掛かって、貯金した金を切り崩し住宅を購入せざるを得ない。日本では年老いた親の面倒を見ない子供が年々増えているのが対照的である。

中国発展途上の中国ではまだ社会保障制度に手が廻らず老後は子供が親の面倒を見る必要が有る。
これも理屈では理解ができるが、若い人達の考えが欧米化されると国の社会保証制度に目覚め老人に対する国の制度が変わる事になる。
日本では老健施設が方々でできて居るがまだ、不足気味で入居したくてもできない老人待機組みが多くいる。
posted by Fukunisi at 20:00| Comment(0) | 思うこと

2012年05月24日

中国米は安い

東日本大震災で米どころ『福島県、宮城県』などの水田が被害を受け、その影響で、国産米が値上がりしています、しかしデフレの影響も有り安い米の需要が増えています。
そこで最近、中国米の需要が『家庭、企業』で増えています。大手スーパーなどが店頭に並べ販売を始めたところ非常に評判が良く売れています。国産米に比べ二割ほど安いのが消費者に受けたようです。

人気が出てきたので、米の取扱業者間で人気が出てきて昨年夏は1kg120円前後の取引が、現在210円ぐらいになっている。安い国産米が280円ぐらいなら2割ほど安い。
米は国民の主食で戦略物資であるため、外国産米は輸入枠が決まっている。
ウルグアイラウンドできまっているので、輸入米には高い関税が付き 日本の米の生産者を保護している。米価は税金で一部負担し消費者が購入し、この辺は政治家が絡み複雑である。

外国産米は一定量の輸入量が決まっている。現在 無税の枠が77万トンでそ
うち大半が『加工用、家畜』のエサ向けである。10万トンは『主食用として販売』
されているが5万トンは中国からの輸入である。
売れ行きが良いことから、外食産業などから輸入枠の拡大を求める可能性が出てきた。野田内閣が進めている、『環太平洋経済連携協定 (TPP)』、にも米の市場開放の影響が有るかもしれません。
posted by Fukunisi at 19:23| Comment(0) | 思うこと

2012年05月18日

中国江蘇省啓東市セミナーに参加

5月16日 14時30分から ホテルニューオータニ で<中国江蘇省啓東市、人民政府>の (副書記等一行)が見え、日本の企業の皆様、我々の啓東市に投資をしませんかと企業誘致のセミナーが開催されました。
説明によりますと、現在12,000社がきています、日系企業4,000社が来ていますので安心して投資ができますと説明が有りました。まだ日本企業を誘致しようとしています。

日本は<原発の問題、超円高>など国内で物作りが難しい時代、人民政府は何か足元を見すえてる、感がしました。彼らも大変真面目で一生懸命だなと熱意が読み取れました。

日本の製造業は将来どの用になるのか、人を大量に必要な製造現場が無くなると、雇用の場が無くなり、大学を出ても就職できない人が沢山います。昨年、若い人で就職ができなくて悩み、約150名の方が自殺に追い込まれています。
多少景気が上向いても若い人の働く場所が無くなります。また経済の活力がなくなりますので、政治家の皆様将来の日本を良く考えてください。
野田総理大臣宜しくお願い致します。


posted by Fukunisi at 18:29| Comment(0) | 思うこと